コラム

2022年11月4日

【2022年10月最新】弁当の値上げ「いつ・いくら・どうやって」上げる?

皆さまこんにちは、日本給食業経営総合研究所 給食経営LABOの宮崎です。

給食業経営者向け業界団体「給食経営ファクトリー」Zoomミーティングを開催いたしました。

刻一刻と状況が変化するこの時代に、給食経営に特化した情報を
いち早く皆様にキャッチしていただくためのセミナーを毎月開催しております!

10月度開催Zoomミーティングについて

■テーマ:値上げ・原価高騰への対策

■留まることのない食材原価の高騰

食材原価の高騰は2022年を通じて大きなテーマとなり、各食材・インフラごとにみても下記の様な平均上昇幅となりました。

2022年10月実施「給食会社への日給研独自アンケート調査」より2022年の昨年対比価格上昇

給食業全体での原価率は39.3%(2021年平均)→41.2% (2022年平均)
2ポイントの上昇となっております。

約2ポイントの上昇は、平均営業利益率が3%ほどとも言われる給食業においてインパクトが大きい数字であることはお分かりいただけることと思います。

献立作成時から商品アイテム数の合理化に至るまで、これまで以上にシビアな原価対策が求められているのです。

■値上げ成功と商品力の関係性

ご覧の通り値上げは避けられない状況ですが、値上げの成功を「顧客の離脱を最小限に抑えること」とするのであれば、交渉時に「これまでの商品力やサービスの質」が試されることは間違いありません。

そして、2022年の年末から3月にかけて第2次値上げの波が迫っています。

次の戦略をこの年末までの期間で定める必要があります。

給食経営ファクトリーでは、同業他社やネットからの情報収集が難しい給食業向けに、
ここにしかない情報・ノウハウ・一次情報を盛り込んでお伝えさせていただいております。

■他の会社はどのようにしているの?の生のお声にお答えします

普段のミーティングでは細かな販促事例なども多く取り上げており、過去のZoomミーティングでは、

  • 「WEB」「チラシ」「営業ツール」の販促事例
  • モデル企業のPL数値大解剖
  • 全国のお弁当重量平均・商品力調査方法
  • 受電0・キャッシュレス・AI献立を使う給食会社
  • HACCP取得の給食会社様の実際のマニュアル事例

など、ここでしか得られない給食業界の生情報を盛り込みお伝えさせていただいております。

給食経営ファクトリーとは?

給食経営ファクトリーとは、給食業経営者限定の会員組織です。
日給研からの限定情報や、日給研が主催する交流会への参加が可能になります。

>>>詳しくはこちら

弊社の経営理念である「誇り高き給食業への羅針盤」を体現すべく、
業界の発展をリードできるような会員組織作りを目指して参ります。

詳細のご案内・ご入会のご相談は日給研までお問い合わせください。

>>>お問い合わせはこちら

TOP > 給食経営LABO > 【2022年10月最新】弁当の値上げ「いつ・いくら・どうやって」上げる?

お問合せ

045-322-8085
コンサルティング専用ダイヤル
045-900-1298
ライフスタイルサポート専用ダイヤル

受付時間9:30~18:00

お問合せ

お問い合わせ お問い合わせ

受付時間9:30~18:00